バリアフリー住宅

日本の少子高齢社会がさけばれ、マンション住宅にもその影響が出始めています。
バリアフリーとは、健常者と障害者との垣根をなくすという意味です。そして、それは最近は住宅だけでなく駅やお店でもみられるようになりましたが、段差の解消や手すりをつけたりスロープを設けるなどによって車椅子などに乗った方や老人の方でも安心して暮らせるような状況をつくることで。
ですから、もし一生の夢「マイホーム」をもつためにマンションを購入などする場合は、非常にこのバリアフリーの問題は大きくなってきます。
元気なうちは良いですが、一生そのマンション住宅に住む場合には自分や配偶者が老後をどのように過ごせるかも考えておく必要があります。
最近のマンションはバリアフリーに対応したものも多くなってきましたが、それでも問題は占有部分だけでなく共用部分もしっかりバリアフリーがなされているかが大事です。
一生の買い物をするわけですから、できればバリアフリーのしっかり整ったマンション住宅を選ぶ必要があると思います。

頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法