天井の高さ

最近はマンションの天井の高さも色々なものがあります。一般的には2m40cmが標準値とされていますが、天井は高いに越したことはありませんよね。
天井の高さとは非常に重要なもので、部屋が狭くても天井が十分に高いと部屋は広く感じますし、逆に天井が低ければ、いくら部屋自体は大きくても見た目が小さく見え、圧迫感があります。
これは今までの住んでいた家と比べると良いかもしれません。
新しく買うマンションが今住んでいるところよりも天井が低くなる場合はかなりの圧迫感を感じることになります。
特に背の高い男性がいる家などは天井が低いだけで本当に窮屈な思いをしなければならなくなります。住宅選びの際には天井の高さに注目してみる必要があります。

頭金「ゼロ」でできる『光速』収益不動産投資成功法